子牛の下痢及び肺炎の早期診断システムの開発(105)

子牛の下痢及び肺炎の早期診断システムの開発(105)

課題番号1993003512
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題衛生管理技術の体系化
中課題舎飼い家畜,家きんにおける衛生管理技術の確立
小課題子牛の下痢及び肺炎の早期診断システムの開発(105)
摘要ELISA法による牛の下痢及び肺炎関連細菌・ウイルスの抗体検出法の開発を検討した。本課題ではまず細菌及びウイルス各4種類の病原体に対するELISA法を開発し、これを用いて呼吸器症状を示していた26牛群、下痢を示していた27牛群の野外症例について診断を試みた。呼吸器病26群の中18群(69%)、下痢症例27群の中22群(82%)に抗体の推移から感染が認められ、診断が可能であった。呼吸器症例で8群、下痢の症例で5群は今回の方法で診断できなかったが、感染に起因しないこれら疾病も考えられる。以上のことから、本課題で開発したELISA法は野外症例の診断に利用し得るものと思われた。
研究分担総合診断・病原診断研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038049
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat