肉用子牛損耗実態調査データベースの構築(154)

肉用子牛損耗実態調査データベースの構築(154)

課題番号1993003564
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題先端的,基盤的技術の開発
大課題疫学手法の開発
中課題家畜衛生研究に関するファクト情報の開発・整備
小課題肉用子牛損耗実態調査データベースの構築(154)
摘要肉用子牛損耗実態調査実施要領に基づき、データ入力をネットワークおよび各地家畜保健衛生所の異なる入力者を対象とすることを考慮し、入力フォーマットを作成した。市販ソフト””桐””を用いて次の9本のファイルを作成した。1)農家台帳(飼育環境)、2)農家頭数(飼育頭数)、3)母牛元帳、4)母牛AI、5)分娩記録、6)母牛疾病、7)子牛台帳、8)子牛疾病、9)入力管轄台帳である。それぞれのファイルはメニュー画面からできるだけ項目選択で入力できるようにした。それぞれのファイルは主に農家番号および母牛番号でリレーショナルにつながりを持ち重複項目は最小限にした。
研究分担企連総合診断・衛生検査疫学研研技情報官
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038101
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat