実験昆虫による選抜理論の照合(28)

実験昆虫による選抜理論の照合(28)

課題番号1993000795
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の高品質系統作出技術の開発
中課題計量遺伝学的手法を用いた育種技術の開発
小課題実験昆虫による選抜理論の照合(28)
摘要温湿度を制御した飼育装置の中で乾燥酵母を添加した市販飼料(ふすまと小麦粉)の給餌により、実験昆虫Tribolium(コクヌストモドキ)の通年安定した飼育・繁殖環境を確立した。この昆虫は完全変態をするが、発育ステージによる重量変化からみて幼虫→蛹の方が、蛹→成虫よりも変動が大きく、最初の変態の方が困難性を示唆していると思われる。遺伝的変異の大きな集団を作出するためにつくば、九州、沖縄で採集された地方系統8種類に既存系統1種類を加えた9系統を用い、合成系統を作成した。この系統は、夏季に飛翔活動がみられるのが問題である。T. castaneumとT. freemaniの種間雑種における蛹重量に明らかに母性効果が認められるが、雑種強勢はみられなかった。この雑種は不妊であり、T.c ♂×T.f ♀雑種は逆交配に比べ性比の異常を示し、生存力も弱いようである。
研究分担育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038145
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat