乳牛におけるビタミンD代謝(100)

乳牛におけるビタミンD代謝(100)

課題番号1993000865
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題家畜・家禽の物質代謝機構の解明・制御と飼料・栄養素の有効利用
大課題家畜・家禽の物質代謝機構の解明とその制御技術の開発
中課題代謝調節機能の解明
小課題乳牛におけるビタミンD代謝(100)
摘要乾乳期における乳牛へのCaとPの給与量は、胎児の発育と分娩後の乳熱の発症に深く関係している。8頭の牛を用い初産から3産まで、トウモロコシサイレージとチモシー乾草またはアルファルファ乾草を組み合わせた(各区4頭)、同一の飼養条件で分娩させた。また双胎妊娠と診断され胎児2頭分増給したが、産子が1頭で母牛が乳熱になった例について、分娩前後の血漿中のCaとPの濃度、CaとPの調節ホルモンについて測定した。初産においてはチモシー区もアルファルファ区でも分娩時の血漿中のCaとPの低下は殆どみられなかった。しかし、3産ではCaの低下はアルファルファ区のほうが大きかった。妊娠中Ca摂取量(65g)の多かった単胎胎児2頭分増給牛は、維持や1頭分増給牛より分娩前Ca上昇と、分娩後のCaとPの低下、副甲状腺ホルモンと1、25(OH)2Dの上昇が大きかった。
研究分担栄養・微量要素研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038215
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat