バクテリアを用いた畜産物及び飼料中の生理活性物質の検索(136)

バクテリアを用いた畜産物及び飼料中の生理活性物質の検索(136)

課題番号1993000908
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題良品質・健全な畜産物の生産と流通利用技術の確立
大課題畜産物の機能の解明と利用・変換技術の開発
中課題畜産物の機能の解明
小課題バクテリアを用いた畜産物及び飼料中の生理活性物質の検索(136)
摘要前年度に過酸化脂質中のアクロレインに強い抗変異原性のあることを見いだしたので、今年度は化学構造と抗変異原性との関連についてアクロレイン関連化合物を用いて調べるとともに、アクロレインの抗変異原性の温度感受性についても検討を行った。その結果、最も構造の簡単な不飽和アルデヒドであるアクロレインの抗変異原性が最も強くその構造に修飾や変換を与えると抗変異原性が減少すること、およびアクロレインの示す抗変異原性は変異原処理後大腸菌を40、42℃という比較的高い温度において培養することにより著しく増加すること等が明らかになった。
研究分担加工・有害物質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038258
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat