梅山豚の特性調査−低質飼料の利用特性調査−成長に関連する諸形質からみた品質特性(165)

梅山豚の特性調査−低質飼料の利用特性調査−成長に関連する諸形質からみた品質特性(165)

課題番号1993000940
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題畜産試験研究における基盤的研究の推進
大課題家畜・家禽等の遺伝資源の効率的な保全・利用技術の開発
中課題遺伝資源の利用技術の開発
小課題梅山豚の特性調査−低質飼料の利用特性調査−成長に関連する諸形質からみた品質特性(165)
摘要ア)梅山豚(M)とランドレース、大ヨークシャー・デュロック三元交配(LW・D)の去勢雄を用い、TDN水準70%、60%及び50%の異な3種類の飼料で30〜90■まで肥育し、産肉形質を調査した。また、超音波計測装置によりロース断面積を推定した。■1日平均増体量はMがLW・Dに比べ有意に小さく、両品種ともTDN水準が高い区ほど大きかった。またTDN水準の低い飼料に対する増体量の比率がMはLW・Dより劣っていた。MはLW・Dに比べ飼料効率が劣っていた。■ロース断面積の推定値は、Mの値がLW・Dに比べ約1/2と小さかった。イ)M、Lの去勢雄を用い、体重30〜90■まで肥育し、体重が30、60および90■に達した時点で屠殺し、枝肉等について調査した。■枝肉の構成割合では、Lは屠殺体重が90■に近づくほど赤肉と脂肪および骨の割合は一般枝肉の6:3:1の値に近づいたが、Mでは30■屠殺で6:3:1となり屠殺体重が増加するに従い、赤肉割合が減少し、脂肪割合が増加した。■椎骨の棘突起の高さはMがLより高かった。肋骨の長さでは第8肋骨まではMが長く、以後Lが長くなった。これら椎骨、肋骨の関係から、体尺値の胸深の値でMがLに比べ有意に高いことと関係あるものと思われる。
研究分担育種栄養加工生理・育種2研栄養2研加工2研生理化学研動3管理室
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038290
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat