鶏の外国品種等の特性調査

鶏の外国品種等の特性調査

課題番号1993000944
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題畜産試験研究における基盤的研究の推進
大課題家畜・家禽等の遺伝資源の効率的な保全・利用技術の開発
中課題遺伝資源の利用技術の開発
小課題鶏の外国品種等の特性調査
摘要畜産試験場において、すでに昭和60年より開始された農林水産省ジーンバンク事業で、遺伝資源の収集、評価及び維持を行ってきた。当事業は平成5年度より第■期事業として新たに開始されることになり、当場においても更に遺伝資源の収集に努める必要がある。今後の鶏の育種改良及び在来種を利用した特産物の生産や遺伝子保存の際して、鶏の能力を正確に評価し、利用価値を推定することが重要であり、当場で導入及び飼養されている外国品種を中心に能力等の調査を行う。調査内容はジーンバンク事業の動物遺伝資源特性調査マニュアルにしたがって行う。
研究分担育種・動2管理室
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat