交雑適良蚕品種の適性検定(5)

交雑適良蚕品種の適性検定(5)

課題番号1993003241
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継S63〜H99
年度1993
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の遺伝素材の収集・評価と管理技術の開発
中課題遺伝素材の収集・管理技術の開発
小課題交雑適良蚕品種の適性検定(5)
摘要蚕品種共通試験は、春蚕期7品種、晩秋蚕期6品種の検定を行った。普通蚕品種は1〜3令人工飼料育、4・5令桑葉育で、広食性蚕品種は1〜4令をLPY141による人工飼料育で5令を桑葉育で行った。また、研究室限りの交雑種比較試験は、春蚕期13品種、初秋蚕期5品種、晩秋蚕期10品種を共通試験に準じて、行った。その結果、春蚕期、晩秋蚕期の普通育については良好な成績であった。特に耐病性品種は解じょ率を除いて極めて良い成績を示した。広食性品種については普通品種に比べ化蛹歩合が低かった。研究室限りの交雑試験では、太繊度を目標に育成している品種が、4デニールを越えた。新たに確立したNid−1ホモ3蛾区を用いた。DNV−1非感受性蚕品種の実用諸形質は3蛾区間での差異がほとんど認められなかった
研究分担遺伝育種松本・育種素材研養蚕技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038303
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat