昆虫の機能性細胞を用いた実験系の開発とその機能及び特性の解明(18)

昆虫の機能性細胞を用いた実験系の開発とその機能及び特性の解明(18)

課題番号1993003257
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の遺伝子発現及び発生・分化機構の解明と制御法の開発
中課題昆虫遺伝子・細胞操作技術の開発
小課題昆虫の機能性細胞を用いた実験系の開発とその機能及び特性の解明(18)
摘要1)熱帯種カンボウジュ胚子組織由来の線維芽状培養細胞株を作出した。2)初代培養細胞にγ線を照射し、増殖が著しく、低FBS培地でも増殖が可能なカイコ培養細胞株を作出した。3)昆虫の培養細胞では生存不可能とされた37℃でも増殖可能なカイコ培養細胞株が作出できた。
研究分担遺伝育種・細胞工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038319
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat