ウイルス抵抗性育種素材の作出(27)

ウイルス抵抗性育種素材の作出(27)

課題番号1993003273
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等への新機能付与技術の開発と育種素材の作出
中課題新育種素材作出技術の開発
小課題ウイルス抵抗性育種素材の作出(27)
摘要DNVー1優性非感受性遺伝子(Nidー1:仮称)の導入・ホモ化に成功した育種素材(育成記号:HN92)の改善を図るとともに、本系統を用いた交雑種比較試験を実施した。HN92の改良は春・初秋・晩秋の3蚕期とも1蛾育で行ったが、異蛾区交雑による化蛹歩合の向上は顕著であった。HN92X中150号の交雑比較試験の結果、共通試験(春蚕期:本所・松本)および当室限り試験(3蚕期)とも、ほとんどの実用形質は対照品種(日137号X支146号)を上回ったが、解じょ率に難点がみられた。今後はHN92の化蛹歩合、解じょ率、産卵性の向上を重点に改良を行う。
研究分担遺伝育種・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038335
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat