蚕品種指定に関する適性検定(108)

蚕品種指定に関する適性検定(108)

課題番号1993003359
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継S58〜H99
年度1993
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題用途別蚕品種の育成と増殖技術の開発
中課題新育種法の確立と新規用途用蚕品種の育成
小課題蚕品種指定に関する適性検定(108)
摘要4年度は、春蚕期は広食性蚕品種の申請品種1、普通蚕品種の再調査品種3に対照品種2を加えた計6品種、初・晩秋蚕期は普通蚕品種および広食性蚕品種の申請品種各1に対照品種2を加えた計4品種について適性検定を行った。結果は第67回農業資材審議会蚕種部会に報告した。蚕糸昆虫研育成の広食性蚕品種2品種のうち春用品種は新たに指定されることになったが、夏秋用品種は初秋蚕期の化蛹歩合および解じょ率に問題があり指定にはいたらなかった。国以外の申請品種では夏秋用の普通蚕品種が新たに指定されることになったほか、再調査の春用の普通蚕品種3品種がいずれも再指定されることになった。このほか、全国(14ヵ所)の成績取りまとめを担当した。
研究分担松本・耐性蚕育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038421
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat