「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−細繊度・広食性蚕品種の育成(110)

「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−細繊度・広食性蚕品種の育成(110)

課題番号1993003360
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題用途別蚕品種の育成と増殖技術の開発
中課題新育種法の確立と新規用途用蚕品種の育成
小課題「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−細繊度・広食性蚕品種の育成(110)
摘要絹新素材の原料となる細繊度繭糸の安定供給をはかる目的で、細繊度で広食性の蚕品種育成を行う。系統選抜(5〜7世代)の結果、日本種3、中国種4系統が繊度は2d内外になり、LP飼料摂食性が80%以上に向上した。また、日本種×中国種の12の交雑種の性状を調べた結果、繊度は殆どが2.5d以下と細かったが、摂食性は90%以下のものが多く、収繭量、生糸量歩合も普通品種の水準に到達したものが少なく、全体的にさらに改良が必要である。次に、LP飼料摂食性は雄より雌の方が優れていることが認められ、また繊度の発現に関与する遺伝子が第2、第3、第11、第14の染色体に座位することが明かになった。
研究分担松本・繭質育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038422
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat