「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−広食性蚕用低コスト人工飼料の開発−(120)

「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−広食性蚕用低コスト人工飼料の開発−(120)

課題番号1993003368
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題人工飼料等による低コスト繭生産技術システムの開発
中課題栄養要求の解明と低コスト人工飼料の開発
小課題「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−広食性蚕用低コスト人工飼料の開発−(120)
摘要広食性蚕品種「しんあさぎり」及び育成中の系統「TN21・TNS26 X TCS26・TC27」を供試し、アミノ酸飼料を用いて必須アミノ酸11種、非必須アミノ酸5種及び酸性アミノ酸2種について個々のアミノ酸の至適要求量を求めた。飼料に添加する必須アミノ酸が増加するに従って幼虫の体重は増加したが、一部のアミノ酸ではある程度以上に添加量を増やすと体重は低下し、発育も遅延した。すなわち、幼虫の成長や発育を阻害するということが明らかになった。また、非必須アミノ酸及び酸性アミノ酸の場合、いずれのアミノ酸もその至適添加量の範囲は広かった。これらの知見に基づいてアミノ酸の制限条件を設定し、線形計画法による飼料組成の設計を行った。
研究分担生産技術・人工飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat