「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−「一週間養蚕・多回育」に対応する桑の栽培技術体系の確立−(124)

「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−「一週間養蚕・多回育」に対応する桑の栽培技術体系の確立−(124)

課題番号1993003370
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題人工飼料等による低コスト繭生産技術システムの開発
中課題新繭生産技術システムの開発
小課題「一週間養蚕」を軸とする低コスト繭生産技術体系の確立−「一週間養蚕・多回育」に対応する桑の栽培技術体系の確立−(124)
摘要年間10回の多回育養蚕・一週間養蚕を前提として、多植桑園及び密植桑園を対象に、春切・夏切・2年3回の輪収法など7種類の桑園を組み合わせて、3年目の桑の生育と蚕期別の収穫量を調査した。その結果、桑の生育及び収穫量は前年度とほぼ同様であり、本収穫法が桑の樹勢維持の面で特に問題の無いことが推測された。2か年間の平均収穫条桑量を用いて換算した10a当たりの収繭量は125kgであり、本収穫法が土地生産性の面からも多回育に対応できることが認められた。これらの成果に基づいて、多植桑園を対象に結束型桑収穫機で収穫する多回育(10回)用桑収穫体系及び密植〜多植桑園を対象に乗用跨畦式桑収穫機で地際伐採収穫を行う多回育(10回)用桑収穫モデル体系を策定した。
研究分担生産技術・栽培技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038432
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat