繭糸タンパクの特性解明と組織構造物の機能性解明(149)

繭糸タンパクの特性解明と組織構造物の機能性解明(149)

課題番号1993003398
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題絹新素材の開発と効率的生産技術の確立
大課題用途別絹新素材の開発と品質評価法の確立
中課題用途別絹素材の消費科学特性の解明と利用技術の開発
小課題繭糸タンパクの特性解明と組織構造物の機能性解明(149)
摘要本研究は高強度繭糸の利用を目的としている。昨年は蚕にホルモンを投与し3眠化して繭糸繊度1dの繭を生産した。本年度はこの繭で高強度絹つり糸用素材としてのブレード糸を作った。ブレード糸は16d生糸の3本合糸を単位として5号程度の太さとした。高強度化は延伸、精練、再延伸で行った。その結果、ブレード糸の強度は空気中で5.4g/dとなり合成繊維のつり糸に非常に近い値となった。一方、水中結節強度は3g/dで低い値であったが、これまで普及蚕品種繭を利用して開発した絹つり糸よりは50%増の値となった。
研究分担加工利用・物性評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038460
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat