野菜花粉の超低温保存技術の開発(25)

野菜花粉の超低温保存技術の開発(25)

課題番号1993001488
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題野菜花粉の超低温保存技術の開発(25)
摘要スイカ花粉についてエチルエーテルを用いた保存法の検討を行った。雄ずいからの花粉の離脱は、雄花のまま冷蔵室で2〜3時間乾燥し、雄ずい部分をガラス管瓶に入れたエチルエーテルに浸して行った。キャップをして冷凍室で保存した花粉からのエチルエーテルの除去は、ろ紙でエチルエーテルをろ過し、ろ紙ごとデシケーターに入れサッカーで30分ほど脱気して行った。その結果、保存花粉は30日後でほぼ100%発芽し、130日後でも8割以上の発芽が認められた。なお、エチルエーテルにGA4+7(50ppm)を添加した場合と無添加の場合の発芽率に、差異は認められなかった。
研究分担久留米・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038498
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat