PCR法のキク育種への利用

PCR法のキク育種への利用

課題番号1993001491
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題PCR法のキク育種への利用
摘要RAPD−PCR法のキク育種への利用の一環として、野生種の系統間差について検討した。任意配列の10mer及び12merのプライマー約140種類のうち、ナカガワノギク、ノジギク、イソギクの3種の野生種各1系統において多型を検出できたプライマーは23種類であった。次にこれら3野生種の各5系統について、前記の23種類のプライマーを用いてPCRを行った結果、ナカガワノギク、ノジギクでは系統間で多型を示すプライマーが多かったのに対して、イソギクでは比較的類似したバンドパターンを示すプライマーが多かった。
研究分担花き・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038501
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat