アブラナ科野菜の高再分化能半数体系統の作出(53)

アブラナ科野菜の高再分化能半数体系統の作出(53)

課題番号1993001518
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題組織・細胞培養等による育種技術の開発
小課題アブラナ科野菜の高再分化能半数体系統の作出(53)
摘要Brassica oleraceaの30系統でハクサイに準じて小胞子培養を行った。ブロッコリー及びケールでは胚様体形成能の高い系統が認められたが、キャベツではそのような系統は見いだせなかった。キャベツで胚様体形成が最も多かったのは‘富士早生’であった。そこで‘富士早生’を用いてキャベツの小胞子培養系の改良を試みた。長さ5.3〜5.9■の花蕾で胚様体形成数が多かった。高温処理試験では、33℃で2日間処理を行った場合に胚様体形成数並びに伸長した芽を分化した胚様体数が多かった。以上の結果から、長さ5.3〜5.9■の花蕾を用い、33℃、2日間の高温処理を行った場合に、小胞子からの植物体再生が良好であることが明らかとなった。
研究分担野菜育種・育種4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038528
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat