CMV抵抗性組換えトマトの交雑による遺伝子拡散

CMV抵抗性組換えトマトの交雑による遺伝子拡散

課題番号1993001533
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H05〜H06
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題遺伝子操作による新育種素材作出技術の開発
小課題CMV抵抗性組換えトマトの交雑による遺伝子拡散
摘要遺伝子を組換えた植物については一定の環境への安全性を評価したのち、一般圃場で栽培できるとされている。ここでは育種素材としての利用が考えられるCMV外被蛋白質遺伝子をもつトマトについて環境への安全性評価のため、交雑による遺伝子拡散を調べる。風媒や虫媒による実際の交雑率すなわち他殖率を知るため、受粉植物を適当な位置に配置し、得られた種子由来の植物からDNAを抽出し、組換え遺伝子が存在するか否かをPCRによって調べる。5年度は、閉鎖系温室内で扇風機を用いて風媒による遺伝子拡散を調べる。
研究分担野菜育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat