ショウガ等遺伝資源の分類

ショウガ等遺伝資源の分類

課題番号1993001534
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題遺伝子操作による新育種素材作出技術の開発
小課題ショウガ等遺伝資源の分類
摘要ショウガは栄養繁殖性の野菜であり、いくつかの系統に分かれているが、互いによく似ており、系統分類が困難である。そこで、DNA分析、特にRAPDを用いたショウガ遺伝資源の分類を試みた。久留米支場で保存されている系統の幼葉からDNAを抽出し、これをランダムプライマーを用いて増幅し、ゲル電気泳動で多型を検出した。日本で栽培されているショウガの系統のDNAパターンは互いによく似ており、どのプライマーを用いても、再現性のある差異を見いだすことはできなかった。この結果からこれらのショウガの系統が単一のクローンから派生している可能性が示唆された。
研究分担野菜育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038544
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat