「大型の砲弾型とまと系統」の高歩留まりハンバーガー向スライスとまととしての利用(118)

「大型の砲弾型とまと系統」の高歩留まりハンバーガー向スライスとまととしての利用(118)

課題番号1993001584
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題「大型の砲弾型とまと系統」の高歩留まりハンバーガー向スライスとまととしての利用(118)
摘要当研究室育成の大果砲弾型系統のスライストマトとしての適性を検討した。ハンドスライサーを用い厚さ5mmにスライスした時の歩留まりをみると、ハンバーガーに適すると思われる直径71〜90mmの切片数は、供試5系統で1.1〜8.4枚/果で、‘盛岡19号’で少なく、‘ECSU−4’で多かった。‘盛岡19号’はスライス用としては直径が少し小さかった。‘MO19EC−4’‘MO19EC−5’は空洞が明瞭で、スライス切片としての品質に問題があった。供試5系統中では‘ECSU−4’が最もスライス用として優れた特性を示したが、食味や子室数で改良の余地が認められた。
研究分担盛岡・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038594
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat