イチゴ野生種からの新香気特性の導入(120)

イチゴ野生種からの新香気特性の導入(120)

課題番号1993001585
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題イチゴ野生種からの新香気特性の導入(120)
摘要GC−MSにより香気成分組成を検討した結果、Fragaria vesca2系統及びその倍化系統(4倍体)では、栽培イチゴと比較して、エステルでは ethyl acetateが多く、methyl butylateやethly butylateが少なく、またイチゴの甘い香りの本体であるフラノン類や新鮮さを感じさせる有機酸類が少なかった。また F.vescaと栽培イチゴの種間雑種の栽培イチゴへの戻し交雑後代に得られた高香気系統では、エステル類は F.vesca、フラノン類は栽培イチゴに近く、有機酸類は中間的であった。またモモに類似した香気を有するF.nilgerensisでは、エステル類はethylacetateが優占したが、有機酸とともに絶対量が少なく、フラノン類は栽培イチゴと同程度含まれていた。なおニオイセンサーにより香気強度を簡易評価する場合の測定条件(果実熟度・品温、香気採取方法等)を明らかにした。
研究分担久留米・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038595
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat