市場性に関わるイチゴの生食適性要素の解明(121)

市場性に関わるイチゴの生食適性要素の解明(121)

課題番号1993001586
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品質・流通加工適性育種
小課題市場性に関わるイチゴの生食適性要素の解明(121)
摘要イチゴ果実は、着色の進行に伴い果皮、果肉及び果心の貫入抵抗が低下したが、部位別には果心部での低下割合が最も大きく、食味評価において重要な要素と判断された。品種別には‘とよのか’は各部位の抵抗値は余り高くないが、特に果肉部抵抗値の着色進行に伴う低下割合が小さく、ペクチン分析においても非水溶性画分の減少割合が小さかった。一方完熟収穫後の室温(15℃)保存では、果皮貫入時間(プランジャーが果皮に接触してから貫入するまでの距離で評価)の変化程度に品種間差が認められ、‘とよのか’では相対的に小さかった。これらのことから日持ち性の品種間差には、収穫時の果皮及び果肉硬度に加え、成熟及び貯蔵過程におけるそれらの変化割合も密接に関わるものと判断された。
研究分担久留米・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038596
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat