キクの周年生産性品種の育成(122)

キクの周年生産性品種の育成(122)

課題番号1993001587
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S63〜H09
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題花き品種の育成
中課題高生産性高品質花き品種の育種
小課題キクの周年生産性品種の育成(122)
摘要夏秋ギク型スプレーギク品種間、並びに夏秋ギク型品種と秋ギク型品種の交雑実生の中から、14時間日長条件で開花反応期間の短かった系統間、開花反応期間の長かった系統間で交雑を行い、次代の14時間日長下での開花反応期間を調査した結果、開花反応期間の短かった系統間の組合せでは55〜70日、開花反応期間の長かった系統間の組合せでは85〜95日にそれぞれ最も多く分布した。このことから、14時間日長下での開花反応期間の短い品種を育成するためには、種子親、花粉親ともに開花反応期間の短い品種・系統を選ぶ必要があると考えられた。
研究分担花き・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038597
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat