緑化用ハマナスの育種(124)

緑化用ハマナスの育種(124)

課題番号1993001589
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H09
年度1993
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題花き品種の育成
中課題高生産性高品質花き品種の育種
小課題緑化用ハマナスの育種(124)
摘要成株となった樹高は幼苗時の節間長または樹高と強い相関(r=0.78および0.77)があることから、地被力にまさる横張り樹形など樹形別の選抜を早期に行える見通しがついた。ハマナスの自生分布は北方に中心があり、寒さには強いが暑さには弱い欠点があるので、南限地を含む各自生地より収集した163個体を供試し、土壌の乾燥と高温ストレスを加えたハウスで栽培して選抜を進めた結果、生育低下度の少ない32個体を得た。その他樹形、花形、花色の異なる系統間の交配を行い、43組合わせ合計4,000余粒の種子を得た。
研究分担花き・緑化植物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038599
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat