植物低温障害発生機構の分子生物学的解明(163)

植物低温障害発生機構の分子生物学的解明(163)

課題番号1993001619
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関非常勤
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題生理障害発生機構の解明と防止技術の開発
小課題植物低温障害発生機構の分子生物学的解明(163)
摘要低温障害発生機構を解明するために、活性の高い葉緑体の単離法を開発し、メロンの低温・弱光による光合成阻害部位が光リン酸化である可能性を示した。また、植物の低温耐性と葉緑体中のフォスファチジルグリセロール(PG)の脂肪酸組成とのあいだに相関がみられたので、この生成を制御しているアシルACPグリセロール3リン酸アシルトランスフェラーゼ(AT)との関係を確認するために、低温感受性のカボチャから単離されたATの遺伝子を低温耐性植物であるレタスに導入し、PGの脂肪酸組成の変化を調べた。しかし、遺伝子組換え操作を行った19個体のレタスと遺伝子組換え操作を行わなかったものとの間に脂肪酸組成の違いは認められなかった。この研究の継続には新たな低温耐性遺伝子の分離と組換えが必要であり、多大な労力と予算を要するため本課題は完了とし、他の課題の中で対応する。
研究分担生理生態・ストレス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038629
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat