チャの呈味成分の代謝に及ぼす植物生理活性物質の作用性

チャの呈味成分の代謝に及ぼす植物生理活性物質の作用性

課題番号1993001624
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題品質関与成分の生成・代謝機能の解明
小課題チャの呈味成分の代謝に及ぼす植物生理活性物質の作用性
摘要茶の呈味成分としてはアミノ酸とカテキンが主要なものであり、これら成分の代謝経路については、すでにその概略が明らかにされている。この代謝過程を遺伝的あるいは化学的に制御できれば、茶葉の品質向上に資するところは非常に大きいと考えられる。近年、種々の特異的代謝阻害剤が多数開発され、植物の生長や代謝制御にも利用されている。本研究では化学的制御の立場から、茶葉中の呈味成分の代謝過程に対する植物生理活性物質の作用特性を検討し、呈味成分含量の人為的制御技術の開発を行う。5年度は成木茶樹に類似した特性を持ち、かつ取り扱いやすい実験植物の開発を目標として、茶樹の太根から発生した芽の育成手法について検討する。
研究分担茶栽培・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038634
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat