低pH・高窒素条件に対する茶樹根の生育反応の解明

低pH・高窒素条件に対する茶樹根の生育反応の解明

課題番号1993001630
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H05〜H10
年度1993
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生育相の解明と制御技術の開発
中課題生長・発育生理の解明と制御技術の開発
小課題低pH・高窒素条件に対する茶樹根の生育反応の解明
摘要現状の茶園における多肥栽培は、土壌の強酸性化、養分吸収効率の低下の大きな要因の一つとなっている。しかし、土壌pHの上昇、減肥等の措置が茶樹の生育、特に養水分吸収器官である根の形態、機能等に及ぼす影響については不明な点が多い。本研究では、保存中の多様な遺伝資源を用いて土壌pH、養分濃度等に対する根群の生育反応を調査し、環境ストレス抵抗性のメカニズム解明とこれらの知見を利用した育種素材の作出を図る。5年度は根圏のpHおよび窒素濃度が根の生長に及ぼす影響について簡易な評価法を開発する。
研究分担久留米・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat