種子形成・発芽過程の生理的制御(189)

種子形成・発芽過程の生理的制御(189)

課題番号1993001640
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H01〜H06
年度1993
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生育相の解明と制御技術の開発
中課題生殖・種子生理の解明と制御技術の開発
小課題種子形成・発芽過程の生理的制御(189)
摘要茶の胚形成に伴う内生ジベレリンの変化を調べた。球状胚を含む茶の液状胚乳中では、内生ジベレリンの生成系として13位水酸化代謝経路が主であるが、胚の発育に伴ないジベレリン含量は急激に低下し、代謝系上流のジベレリンも検出されなくなった。培養細胞からの胚形成が高濃度のジベレリンによって阻害されることが知られているが、これとは反対に、胚形成の促進を図るために一時的にジベレリン生合成系が停止したものと思われた。
研究分担生理生態茶栽培・育種研生殖生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038650
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat