生体内ストレスの解明と制御(205)

生体内ストレスの解明と制御(205)

課題番号1993001657
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生態反応の解明と制御技術の開発
中課題環境ストレス耐性の解明と制御技術の開発
小課題生体内ストレスの解明と制御(205)
摘要低温順化によってキャベツの耐凍性が獲得される機構を解明するために、耐凍性の獲得と糖成分との関係を検討した。低温順化処理をしなかった幼植物は、どの品種も−6℃で全個体が枯死した。3日間低温順化すると‘晩抽理想’で40%、‘YR50号’では60%の個体が生き残り、低温順化の効果がみられた。全体的には低温順化期間が長くなるにしたがって生存率が増加する傾向にあった。‘晩抽理想’の糖含量は低温順化処理3日間で急激に増加し、スクロースで約2倍、グルコースで約6倍、フルクトースでは約3倍の増加となった。従って、キャベツ幼植物は比較的短期間に耐凍性を獲得することが明らかになり、耐凍性の向上には糖の蓄積が関わっていることが示唆された。
研究分担生理生態・ストレス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038667
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat