気象・地象環境の変動が野菜の収量及び品質に及ぼす影響(210)

気象・地象環境の変動が野菜の収量及び品質に及ぼす影響(210)

課題番号1993001662
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題高位生産技術の開発
大課題施設内の環境・生育制御技術の開発
中課題環境・生育制御技術体系の開発
小課題気象・地象環境の変動が野菜の収量及び品質に及ぼす影響(210)
摘要気象環境が野菜の収量及び品質に及ぼす影響を正確に解析するため、水耕法を用い根圏環境を一定に制御して、栽培用ベッドの温室内の位置と花房段位を異にするトマトの収量及び完熟果実の糖度について、その変異と変動幅を検討した。夏期においては、高糖度を目的としたトマトの潅水制限栽培は極めて困難であるが、通常の塩濃度で窒素供与量を制限することにより、高糖度を目的とするトマトの水耕栽培が可能であることを示した。しかし、この窒素分肥制限栽培は著しい収量の低下を伴った。
研究分担施設生産・気象環境研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat