ブロッコリーべと病菌の凍結保存(244)

ブロッコリーべと病菌の凍結保存(244)

課題番号1993001695
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題病害の発生生態及び被害機構の解析と主要病害の発生予測技術の開発
小課題ブロッコリーべと病菌の凍結保存(244)
摘要長期保存ができないとされるべと病菌の保存を試みた。各分散媒にブロッコリーべと病菌の分生胞子を懸濁し、長期凍結保存を試みた。5%dimethyl sulfoxide(DMSO)+5%skim milkおよび5%DMSO+5%glucoseに懸濁し−20℃で凍結した結果、3か月後にはほとんど分生胞子の発芽はみられなかった。胞子懸濁液を−80℃で24時間凍結処理した場合、発芽率が著しく低下したが、−20℃で24時間凍結後に−80℃で24時間凍結を行うと高い発芽率を示した。そのため、−20℃で24時間凍結後に−80℃に移行させ、長期凍結保存を試みた。その結果、10%DMSO+5%skim milk、10%DMSO+10%skim milkの各区では12か月後においても分生胞子の発芽率はそれぞれ47.7、46.9%と高く、ブロッコリーに対する病原性も維持されていた。この条件により、べと病菌の長期保存が可能となった。
研究分担環境・病害1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038705
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat