ホウレンソウべと病菌の卵胞子の生存期間(249)

ホウレンソウべと病菌の卵胞子の生存期間(249)

課題番号1993001700
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H05
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題病害の発生生態及び被害機構の解析と主要病害の発生予測技術の開発
小課題ホウレンソウべと病菌の卵胞子の生存期間(249)
摘要本病の第一次伝染源は病組織内に形成された卵胞子と考えられているが、この卵胞子の生態については不明な点が多い。そこで、まず各地から採集したべと病菌を組み合わせ、卵胞子形成の有無を知ろうとした。岩手県内の各地から採集した4菌株を単独あるいはそれぞれを組み合わせてホウレンソウに接種した場合、ともに卵胞子の形成は認められなかった。今後、卵胞子の形成条件についてさらに検討する。
研究分担盛岡・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038710
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat