イチゴに発生する病害の発生生態と被害機構の解明(252)

イチゴに発生する病害の発生生態と被害機構の解明(252)

課題番号1993001703
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題病害の発生生態及び被害機構の解析と主要病害の発生予測技術の開発
小課題イチゴに発生する病害の発生生態と被害機構の解明(252)
摘要長崎県で発生した葉枯症状の病原菌をColletotricum acutatumと同定した。病原菌の胞子濃度と発病の関係をみると1ml当たり10、000から発病がみられたが、安定した発病には1,000,000の濃度が必要であった。本菌分生胞子の発芽適温や発病の適温は従来の炭そ病菌よりもやや低い25℃付近であった。本菌はイチゴ以外にトマト、アネモネ、リナンサス、ヒナゲシなど科を越えた植物に病原性を示した。このうち、トマトは従来の炭そ病菌では発病しないので両菌の判別植物として利用できると考えられた。イチゴ以外の作物から分離されたC. acutatumはイチゴに葉枯症状を起こすことがなく、本病と直接の関係はないものと考えられた。本菌は岩手県でも分離されており、全国的に分布しているものと思われた。
研究分担久留米盛岡・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat