Verticillium dahliaeの寄生性の分化(256)

Verticillium dahliaeの寄生性の分化(256)

課題番号1993001707
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした病害制御技術の開発
小課題Verticillium dahliaeの寄生性の分化(256)
摘要Verticilliun dahliae菌株のうち、A群(ナス系)、B群(トマト系)、C群(ピーマン系)、D群(アブラナ科系)およびエダマメ系の代表的な菌株の核DNA量を、英国から導入した複相と同定されている3菌株のそれと比較した。落射蛍光顕微鏡に組み入れた顕微定量測光装置を用いて、スライドグラス上に固定した分生子にDAPI染色液を滴下し、カバーグラスで封入して観察、測光した。蛍光強度によって比較した結果、D群菌株の核DNA量は他群菌株の約2倍であり、また、複相とされる英国の菌株と同等であった。このことから、D群菌株は複相であると推定された。
研究分担環境・病害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat