茶園土壌のpH管理に関する研究(287)

茶園土壌のpH管理に関する研究(287)

課題番号1993001741
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題土壌生産力の維持向上技術の開発
中課題土壌の理化学性・生物性改良技術の開発
小課題茶園土壌のpH管理に関する研究(287)
摘要茶樹に対する培地の適正pH範囲を明らかにして、茶園土壌のpH管理基準作成の基礎資料を得る。4年度得られた結果は次のとおりであった、■牧の原赤黄色土における挿し木活着の最適pH範囲は4.0〜4.3で、pH5.2では活着率は0に低下した。■培地における挿し木活着の最適pH範囲は4.2〜5.5で、土耕培地の場合と比較して、やや高pH側にあって許容範囲が広いことが特徴であった。■2年苗木の活着に対する最適pH範囲は4.1〜4.8で、pH5.0以上では定植後、50%の株が枯死した。
研究分担茶栽培・土壌肥料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038751
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat