遺伝子工学手法を用いた特定遺伝子のRI標識化による微生物検出技術に関する研究(291)

遺伝子工学手法を用いた特定遺伝子のRI標識化による微生物検出技術に関する研究(291)

課題番号1993001743
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題土壌生産力の維持向上技術の開発
中課題土壌の理化学性・生物性改良技術の開発
小課題遺伝子工学手法を用いた特定遺伝子のRI標識化による微生物検出技術に関する研究(291)
摘要検出しようとするDNAの増幅標識化に及ぼす夾雑DNAの影響を検討したところ、夾雑DNA量が増加すると、検出するDNAの増幅標識化率が低下した。土壌からのDNA抽出法を検討したところ、直接抽出法より菌体抽出法により得られたDNAのほうが純度が高かった。また、黒ボク土壌と赤黄色土壌から得られたDNAの純度は砂質土壌から得られたDNAより劣っており、褐色の色素を完全に除くことができなかった。
研究分担環境茶栽培・土壌肥料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038753
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat