土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(292)

土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(292)

課題番号1993001745
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題生産安定化技術の開発
大課題土壌生産力の維持向上技術の開発
中課題土壌の理化学性・生物性改良技術の開発
小課題土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(292)
摘要土壌から分離した3株のフェニトロチオン分解細菌は種々の有機リン系殺虫剤を加水分解したが、加水分解活性は有機リン剤の化学構造により異なっていた。また3株ともフェニトロチオンを唯一の炭素源として利用した。土壌から分離したArthrobacter sp.RC100はカーバメイト系殺虫剤カルバリルを加水分解し、唯一の炭素源として利用した。一方、Blastobacter sp.AC100とMC100は種々のカーバメイト系殺虫剤を加水分解したが、これらの農薬を炭素源としては利用しなかった。
研究分担茶栽培・土壌肥料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat