製茶原葉の加工適性評価システムの開発(317)

製茶原葉の加工適性評価システムの開発(317)

課題番号1993001770
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題流通・加工技術の開発
大課題加工技術の開発
中課題茶葉の加工適性の解明と製茶技術の改善
小課題製茶原葉の加工適性評価システムの開発(317)
摘要生葉をテレビカメラと画像処理装置を使って計測し、計測結果から生葉の分類区分を出力するシステムを、ニューラルネットワークの手法を用いて開発した。ニューラルネットワークと従来の判別式を用いて分類した結果とを比較すると、未開葉芽と開葉芽を判別する場合がいずれも最も難しいが、ニューラルネットワークによる方法は、データの与え方等によってはさらに精度向上が見込まれ、総合的に見て判別式を用いる方法より良い結果を得た。
研究分担茶利用加工・製茶機械研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038780
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat