だいこんの辛味成分の簡易迅速測定法の開発(322)

だいこんの辛味成分の簡易迅速測定法の開発(322)

課題番号1993001775
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題流通・加工技術の開発
大課題品質評価技術の開発
中課題野菜の品質評価法の開発
小課題だいこんの辛味成分の簡易迅速測定法の開発(322)
摘要夏ダイコン10品種、16個体の根部汁液中の4−メチルチオ−3−ブテニルイソチオシアネート(MTBITC)含量とチオシアン酸含量との相関関係は5%水準で有意に認められたことから、測定し易いチオシアン酸含量の測定で辛味の間接的な評価が可能であると考えられた。また、ガスクロマトグラフィ−によるMTBITC測定が迅速化された。本法ではガ−ゼによるろ過と遠心分離操作が不要である。秋ダイコン12品種の幼苗汁液中のMTBITC含量と成熟した根部汁液中のMTBITC含量との相関関係は1%水準で有意であり、前述のMTBITC含量測定により辛味の早期検定が可能であると考えられた。根部のMTBITC含量の非破壊測定法を検討し、ある程度の評価が可能となった。
研究分担野菜育種・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038785
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat