センサー等を用いた味覚を中心とした茶の品質評価システムの開発(330)

センサー等を用いた味覚を中心とした茶の品質評価システムの開発(330)

課題番号1993001784
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題流通・加工技術の開発
大課題品質評価技術の開発
中課題茶の品質評価法の開発
小課題センサー等を用いた味覚を中心とした茶の品質評価システムの開発(330)
摘要緑茶の主要なうま味物質であるグルタミン酸及び渋味物質であるタンニンを測定するためのバイオセンサーを作製した。グルタミン酸のセンサーはグルタミン酸オキシターゼを固定化した膜と酸素電極を組み合わせ、タンニンのセンサーはゴボウの薄片と酸素電極を組み合わせたものを用いた。これらのセンサーを用いると、緑茶浸出液に含まれるグルタミン酸及びタンニンの濃度を数分以内に測定することが可能であった。さらに、茶園土壌から単離したテアニン分解菌について調査し、テアニンを分解しグルタミン酸を産生することを明らかにした。
研究分担茶利用加工・製茶研品質化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038794
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat