近赤外分光法による葉中化学成分の非破壊計測

近赤外分光法による葉中化学成分の非破壊計測

課題番号1993001785
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題流通・加工技術の開発
大課題品質評価技術の開発
中課題茶の品質評価法の開発
小課題近赤外分光法による葉中化学成分の非破壊計測
摘要チャ樹の栄養診断技術を確立することを目的として、近赤外分光光度計とバルクサンプル用の試料容器を用いて、植物の近赤外スペクトル(2次微分スペクトル)を測定し、葉の状態がスペクトルにどの様に反映されるかを検討した。その結果、植物種間でのスペクトルの差は1、600〜1、800nm、2、200〜2、400nmで大きく、チャとツバキのような近縁種での差は小さかった。チャ葉の表と裏ではパターンに大きな差は見られなかった。また、出葉後の経過時間とスペクトルの間には一定の方向性があったが、施肥条件の違いによる差は少なく、この方法による栄養診断はかなり困難と判断された。
研究分担茶利用加工・品質化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat