バイオセンサーを用いた茶の血圧上昇抑制能の迅速評価法の開発

バイオセンサーを用いた茶の血圧上昇抑制能の迅速評価法の開発

課題番号1993001786
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題流通・加工技術の開発
大課題品質評価技術の開発
中課題茶の品質評価法の開発
小課題バイオセンサーを用いた茶の血圧上昇抑制能の迅速評価法の開発
摘要高血圧症は高齢化の進む日本社会にとって重要な問題である。茶中に含まれるカテキン類や、茶生葉を嫌気処理して製造したギャバロン茶に血圧上昇を抑制する作用があることが知られている。本課題は、このような茶の血圧上昇抑制能を評価する方法の開発を目的とする。5年度は生化学的手法に基づき、茶成分の血圧上昇抑制能を評価する。
研究分担茶利用加工・品質化学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038796
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat