回分式活性汚泥法における窒素・リン同時除去技術の開発(27)

回分式活性汚泥法における窒素・リン同時除去技術の開発(27)

課題番号1993001823
研究機関名農業工学研究所(農工研)
他機関近畿局大和高原開拓
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題農村地域開発整備計画手法及び農村環境整備技術の開発
大課題農村地域環境の整備及び管理・保全技術の開発
中課題集落排水処理技術及び総合システム技術の開発
小課題回分式活性汚泥法における窒素・リン同時除去技術の開発(27)
摘要農業用水の水質保全や湖沼の富栄養化防止のための窒素・リン同時除去技術の開発を目的とし、回分式活性汚泥法の実験プラントを用い、窒素については間欠ばっ気法、リンについては鉄接触材浸漬法による窒素・リン同時除去試験を行う。4年度は、1サイクル(6時間)当りのばっ気時間を90〜110分として、溶存酸素の上限値を2■/■に制御した結果、約7ヶ月にわたって、処理水の全窒素(T−N)2.5■/■、全リン(T−P)1.0■/■以下の処理性能を維持することができ、処理を効率化するための運転管理操作の指針を得た。
研究分担農村・集落排水研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038833
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat