農業水利施設における省エネルギー化の検討手法の開発(61)

農業水利施設における省エネルギー化の検討手法の開発(61)

課題番号1993001859
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題農業用水資源等の地域資源の開発・利用・保全技術の開発
大課題農村地域における土地・エネルギー資源の有効利用技術の開発
中課題ローカルエネルギー資源の有効利用技術の開発
小課題農業水利施設における省エネルギー化の検討手法の開発(61)
摘要農業水利施設の用水管理における水資源の有効利用、省エネルギ―化の検討手法の開発を目的とし、研究を行った。まず、数理モデルを作成し、数理シミュレ―ションを行い、用水路の調整容量、吸水槽容量等施設規模を明かにした。さらに、様々な送水操作について数理シミュレ―ションを行い、効率的な送水管理に必要となる吸水槽水位、分水工水位等の水利情報が明かとなった。このことから数理シミュレ―ションが効率的な用水管理、省エネルギ―化の検討に有効であることを明かにした。また、一般電話回線を用いて、降雨、水路水位等をリアルタイムで観測することによって、降水量を確認しながら、適切な取水量を把握でき、効率的な用水管理を行うことができることを明らかにした。本研究の成果は、農工研技報を通じて事業に反映される。
研究分担資源・エネ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038869
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat