沿岸水温の変動(19)

沿岸水温の変動(19)

課題番号1993005244
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題水域特性の総合評価技術の確立
大課題南西外海域における海況予測の体系化
中課題海況予測技術の確立
小課題沿岸水温の変動(19)
摘要4年度は45〜3年の期間における南西海ブロック内の外海域の各県水産試験場沿岸定線海洋観測資料の中から表面水温を摘出し、チェックをしながら年・月・観測点別にフロッピィディスクへ入力した。観測点数は211点である。そして、月別に観測点毎の平年水温を算出した。また、南西外海域を10海区に区分し、それぞれの海区毎の年・月別平均水温、月別平年水温、月別平年偏差水温を算出した。月別平年水温をみると、最低値が3月の紀伊水道の11.4℃、最高値が8月の土佐湾西部の27.9℃であった。海区毎の最高値と最低値の較差は紀伊水道域が最も大きく14.6℃、日向灘南部域が最も小さく9.4℃であった。月別平年偏差水温の経時的変化は海区により多少異なるが、13〜14月及び16〜17月の基本的な周期の存在が認められた。季節別の海区間の相関は冬季に高く、春・秋に低い。
研究分担外海調査・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038968
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat