漁獲・生物統計解析法による主要浮魚類の資源量の推定(31)

漁獲・生物統計解析法による主要浮魚類の資源量の推定(31)

課題番号1993005260
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
他機関中央水研
研究期間継S62〜H07
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題南西外海域における水産資源の変動機構の解明
中課題主要魚類の資源評価
小課題漁獲・生物統計解析法による主要浮魚類の資源量の推定(31)
摘要太平洋系のマアジとブリ、太平洋南部のマサバとゴマサバの4魚種について、まき網、敷網、刺網、釣り、定置網の5漁業種の漁獲統計と体長組成データからコーホート解析により資源の動向を判定した。2年のマアジ資源量は6.2万トン、ブリ資源量は4.5万トン、マサバ資源量は12.9万トン、ゴマサバ資源量は、1.3万トンであった。
研究分担外海調査・外浮魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038984
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat