漁業資源の減耗過程モデルの検討と改良(40)

漁業資源の減耗過程モデルの検討と改良(40)

課題番号1993005269
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題瀬戸内海域における水産資源の変動機構の解明
中課題主要魚類の資源評価
小課題漁業資源の減耗過程モデルの検討と改良(40)
摘要加入した漁業資源は漁獲と自然死亡により減少する。レスリー法は自然死亡が無い場合、漁獲による資源の減少をCPUEで見て、初期資源量を求める方法である。ただし自然死亡が無視できる場合に適用が限定されている。自然死亡が有る場合について、この手法を拡張する試みはケッチェンの方法などが見られるが、コホート解析と組み合わせることにより、合理的な推定が可能であることを明らかにした。またその計算のためのスプレッドシートを用いる方法を示した。
研究分担資源管理・内資管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038993
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat