カタクチイワシの加入過程と生残率の評価

カタクチイワシの加入過程と生残率の評価

課題番号1993005272
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題瀬戸内海域における水産資源の変動機構の解明
中課題水産資源生物の再生産と加入機構の解明
小課題カタクチイワシの加入過程と生残率の評価
摘要瀬戸内海におけるカタクチイワシは稚仔魚期のシラスから成魚にいたるまで広く利用され、本種漁業は内海における重要な産業となっている。本種は資源変動の大きい魚種であり、漁獲量の年変動が大きいことから、資源変動機構の解明と精度の高い資源量予測が、資源管理を行う上で極めて重要である。一般に浮魚類の資源量は発育初期の生残数によって決定されることが知られているが、生残を決定する要因についてはほとんど解明されていない。本研究は卵から成魚にいたる加入過程において、環境要因が個体の生理状態にどの様な影響を与えるか、そしてそれが各発育段階毎の生残率にどの様に反映されるかを明らかにする目的で、卵稚仔の分布・拡散過程の解明と、発育段階毎の生残率を評価するための手法を検討する。
研究分担資源管理・内浮魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038996
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat