サケ科魚類の種内分化の解析

サケ科魚類の種内分化の解析

課題番号1993005560
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題優良品種の育成と遺伝資源の保存
大課題遺伝資源の探索と保存
中課題集団構造の解析
小課題サケ科魚類の種内分化の解析
摘要魚類の集団構造や系群を明らかにすることは遺伝資源の管理、優良品種の育成や水産増養殖の推進において重要な課題である。この研究では遺伝資源の有効利用と管理を考えサケ科魚類を対象として細胞内ミトコンドリアに分布するミトコンドリアDNAの制限酵素切断型多型を指標にサケ科魚類各種の集団構造および集団間、集団内の遺伝的分化、地域河川集団の遺伝的類縁関係を明確にすることを目的とする。平成5年度から6年度の計画ではサクラマスを中心に研究を展開し、ミトコンドリアDNAの制限酵素切断型分析を行い、サクラマス集団内の遺伝子型組成を明らかにし、河川集団間の遺伝的分化の推定とサクラマス種群の類縁関係を明確にする。平成7年から9年度ではシロサケ、ベニザケ等のサケ属魚類を加え、集団分析を行い、サケ科魚類の集団構造の特性と遺伝的変異性の比較を行う。
研究分担遺伝育種・細胞工研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039046
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat